そもそも包茎ってなんだろう

包茎と言えば、結構多くの日本人男性が悩んでいる症状です。
勿論、知り合いとそれについて話をするなんていう事はまずないので、自分以外の誰がその症状で悩んでいるかとかを知っている人はあまりいませんが、一般的には日本人男性の6割がそれで悩んでいるという統計結果もあります。
それくらいポピュラーな包茎ですが、その症状とは一体どういうものなのでしょうか。

包茎とは、包皮がめくれずに亀頭が露出しない状態の事を言います。
真性包茎とか仮性包茎などがあり、その状態によって呼び方が変わりますが、一般的には男の子の赤ちゃんのほとんどがその状態で生まれてくるものです。
そして、成長にしたがって、だんだんと包皮が剥けるようになります。

包茎には色々な状態がありますが、仮性包茎は包茎の中でもかなり多い状態です。
包皮を剥く事は出来ても、それをキープする事ができないので、普段は包皮が被った状態になってしまうので、しっかりとお風呂に入る時はきれいにしておく必要があります。
ただこの場合、石鹸を使うと石鹸分が残ってそこから包皮炎になってしまう事もあるので、別に石鹸を使って洗う必要は全くありません。
また無理やり剥くと後天性の真性包茎になる場合もあるので、できるだけ無理やり剥こうとしない方が無難です。
ただ、衛生的にする必要はあるので、包皮が剥けるところまでは優しく剥いて、きれいに洗っておく必要があります。

真性包茎は包皮口が狭いために包皮を剥く事ができない状態の事を言います。
衛生面から治療が必要となる場合もあるので、そういう時はしっかりと病院に行く必要があるのです。
またこの場合、包茎に就いて色々と知る事、また、包茎治療にはどのような方法があるかを調べておくのも必要な事と言えます。
包茎治療には色々な方法があるので、その違い、またその治療方法のメリット・デメリットもしっかりと知っておくと、治療を受ける場合でも安心してそれを受ける事ができるようになるものです。


Comments are closed.