体験から指定できる、包茎治療に向く季節というと

若い男子ならば、大人の局部というのはしっかりと剥けているものであるというイメージがありますから、そのイメージに反して自分の局部が包茎であり、自然にしていても剥けないとなると焦ってきます。
ですからアルバイトをして一人暮らしするようになると包茎治療を思い切ってやろうと考えるわけでして、その体験からいうと包茎治療に向く季節は空気が乾燥していて寒い冬が良いといえます。
なぜならば、余分な包皮を外科的手術で切除し、しかも傷口をできるだけ外気にさらしたりせずなおかつ蒸れないようにすることが重要だからです。

春や夏などは、まだ気温が高くてしかも温帯である日本においては空気の湿度が高い状態ですから、何かと手術したところが蒸れやすくなるので向いていないといえます。
一方、冬であればエアコンを掛けることなく空気が乾燥した状態なので手術したところが蒸れずにすみますし、寒さのため屋内にいることが多い季節だから包茎治療で安静にしているために自宅にこもってもそれほど目立たずじっくり急速が取れるので、冬は包茎治療に向いているのです。

This entry was posted in 治療の内容.

Comments are closed.