40代後半男この歳で包茎治療しました

40代後半の男性です。
包茎って放っておいても日常生活に目立った支障がないため、なかなか治療に踏み切れませんでした。
私の場合は仮性包茎で手で包皮を引っ張ったら一時的に剥けるのです。
若い時はそれでいいと思っていました。
しかし、中年に差し掛かってお腹が出てくるような年齢になると、若いころのように包皮を剥いても、そこでホールドできなくなります。
具体的にいうと手を放すとすぐに「皮かむり」に戻ります。
歳のせいとは思いたくないのですが、陰茎が小さくなったか、お腹が大きくなって陰茎が体の中にめり込みたがっているのかどちらかのようです。
包皮を被った亀頭はじめじめしていて不潔です。
臭いを嗅ぐと尿と汗の混じった変な臭いがします。
きっと雑菌が繁殖しているのでしょう。
さすがの私もこれではいけないと思いました。
漸く重い腰を上げて包茎治療に取り組みました。
傷が残るのが嫌だったので包茎治療専門の整形外科を活用、しっかりしたカウンセリングにリスクの告知、懇切な説明が気に入りました。
任せて安心と思ったので手術に踏み切りましたが、痛みもほとんどなく、できたので良かったです。
もっと早く行けば良かったと本気で思っています。

Posted in 治療で悩み解消