手術について

包茎で悩む場合、色々な包茎治療を選択する事ができます。
メスで切ったり糸で縫合したりするのが不安な時は、まずはメスを使わない方法を選択するのも重要な事です。
時間はかかりますが、場合によっては包茎の状態が改善されるので、自分で包皮を剥く運動をしたり、器具を使って包皮が剥けるような状態にするのはなかなかお勧めと言えます。

とはいえ、これら切らない方法というのはなかなか短期間で結果が出るわけではありません。
また、場合によってはやりすぎてしまって包皮炎になってしまう事もあるので、それに関しては注意しておく必要があります。
そこで、短期間に結果を出す方法として、また確実に包茎の状態を改善する方法としてお勧めなのが包茎手術です。

包茎手術とは、その名の通り包茎を治すための手術の事を言います。
環状切除法など色々な方法がありますが、簡単に言えば余っている包皮を取り除いて治療する方法です。
余っている包皮を取り除いてしまうので、再び包茎になる事はまずなく、その手術は包茎の根本的な解決法とも言えます。

ただ、手術を受ける病院によっては、真性包茎が仮性包茎になる程度の結果の場合もあるので、その点には注意しておく必要があるのです。
従って、手術で包茎を何とかしたいと思っている時は、しっかりと病院選びをする必要があります。
だから、例えばその費用だけで行く病院を選んでしまうと、その手術結果に対してあまり満足できないなんていう事もあるので、その点では注意しておく必要があるのです。

ちなみに、手術後はどうしても傷跡が残ってしまいますが、その跡はほかの手術と同様に、時間が過ぎていけばだんだんと目立たなくなります。
従って、傷跡が残ってしまうかもしれないと心配している人もいますが、傷跡に関してはそれほど気にする必要はありません。
また、方法によってはかなり目立たないところに傷跡ができる事もあるので、その方法を選択した場合は周りにその手術をしたと知られないでその状態を改善する事も可能です。


Comments are closed.